English日本語

26–27 September 2017

Tokyo, Japan

Who attends?

The most recent Cyber Secure Car conference attracted participants from 20+ countries working for a range of stakeholders across the automotive cybersecurity spectrum including:

  • OEMs (passenger car manufacturers)
  • OEMs (commercial vehicles)
  • T1 system suppliers
  • Infotainment suppliers
  • Semiconductor manufacturers
  • Telecommunications providers
  • Engineering service providers
  • Cybersecurity consultancies
  • Network security companies
  • Software development toolchain providers
  • Ethical hackers
  • Electronic testing & measurement suppliers
  • Auto insurance industry
  • Management consultancies
  • Universities
  • National research institutes
  • Government (national & EU)

Cyber Secure Car会議は、以下の参加者を含む自動車のサイバーセキュリティ分野のいたるところでさまざまな利害関係者のために働いている20ヶ国以上の参加者を招いています。

  • OEM (乗用車メーカー)
  • OEM (商用車)
  • T1 システムサプライヤー
  • インフォテイメント サプライヤー
  • 半導体メーカー
  • 通信サービスプロバイダー
  • エンジニアリング サービス プロバイダー
  • サイバーセキュリティ コンサルタント
  • ネットワーク セキュリティ企業
  • ソフトウェア開発ツールチェイン プロバイダー
  • 倫理的なハッカー
  • 電子検査機及び測定機サプライヤー
  • 自動車保険業界関係者
  • 経営コンサルタント
  • 大学
  • 国立研究所
  • 政府機関